FC2ブログ

賽は投げられた。ルビコンは渡らねばならぬ

im@sMSC3 Final 60秒決勝



■MSC3投票会場へ■

「コメント非表示」で3回見て、ようやく投票。ふぅ……。
"もっと長く見たい"と"優勝にふさわしい"って、微妙に重ならなかったりするので困りもの。
以下、「もう、ダメ」という1プロデューサーの視点で、決勝進出作品について述べてみます。
当然、ネタバレかつ長文なので、読まれる方はぜひ投票をすませてから覚悟してご覧くださいw


■Final-1
Final-1

良くも悪くもカメラと照明で見せきろうとした作品。
冒頭の美希・やよい・雪歩の石像が口パクするインパクトで引っ張っているが、
おそらく作者の狙いはそこにない。
1カットの長尺で、どこまで見せつけられるか。
そこらあたりが、作者の挑戦だったんじゃないだろうか……。
ヒッチコックも『ロープ』で全編1カットに挑み、見事に失敗しているが…
映像がスタイリッシュの方向に向いている割に、カメラがもっさりした感じなのは残念。
しかし、「残るべくして決勝に残った」のは間違いなく、お見事と言わざるを得ない。


■Final-2
Final-2

リンPの「ゲーム」に連なる作品なんじゃないか、と考えている。
曲の雰囲気を再現するために、「動画内の統一感」すら犠牲にするそのスピリットに敬意を表する。
各カットの表現力が抜群にうまいのだが、
完全に曲に引っ張られている感がぬぐえない。
間奏の8bitメロの部分はアイドルの画や動きをもっと崩しても良かっただろうし、
武道館ステージの輪郭抽出の色がアイドルのイメージ色になるのはうまいのに、
それが次のアイドルに引き継がれる意図が、私には汲めなかった。
「もっと長く見たい」とは心から思ったので、単品待ってますw


■Final-3
Final-3

まさにtaboo。14歳にこんなお仕事させちゃイケマセンw
正直20秒予選までは、ただの紳士動画だと思ってスルーしていたのだが、
本選になって、よく見るとスゴイ動画じゃないかコレ? と思った。
「イロモノ」であるために、持てる全ての技術・演出・構成を注ぎこむ。生半可にできることではない。
作者は、どう考えても真剣勝負を仕掛けてきている。
惜しむらくは、本選の30秒から決勝60秒で伸びた時間部分にそれまで以上の紳士力がなかったことか。
たぶん作品全体の構成からすれば、落ち着かせるべきパートだったのだろうが……もったいない。


■Final-4
Final-4

おまえ、バカ(ほめ言葉)だろ
MSCにまさかメドレーをぶつけてくるとは、意外性にもほどがある
画面の構成、歌詞の見せ方、静止画の使い方、など非常に高い実力を感じる作品。
動画と静止画の色調がマッチングしていないカットが散見されたのが、画竜点睛を欠く、といったところ。
そんなことより、単品はいつアップしてもらえるんでしょうか?


■Final-5
Final-5

歪みのない世界観と、それを歪みなく表現する演出力
「異質」なものをネタに紛らわせて自然に描いているのは、
歪んだ像があたりまえの現実世界への風刺なのか。
「みんなのうた」で子供に見せるには重いテーマを内包している。
もしかすると、ニコマスの世界そのものを風刺しているのかもしれない。


■Final-6
Final-6

比類なき疾走感と爽快感で、ネタ方向へ全力投球。
とにかく、何もかもが間違っているのに、何もかもがおもしろいとはどういうことなのか。
くわしく説明を要求したいところw
しかし……解説のしにくい動画だ。
「カッコイイ」と「そのりくつはおかしい」を両立させている、とでも言えばいいのか?


■Final-7
Final-7

これが決勝に残ったのは、ある意味「ニコマスの良心」かもしれない。
さりげなく高レベルなマッシュアップを施した曲の楽しさに動画が負けていない。
かわいくて、楽しくて、ワクワクする。
アイマス本来の楽しさに原点回帰したような感じ。
ニコマスのお祭りであるMSCに、女の子のお祭りであるバレンタインを選択したのは、
素直に「うまい」と言わざるを得ない。


■Final-8
Final-8a

誰がなんと言おうと、今回のイベント最大の問題作
決勝に進むこと前提に見せる時間帯を切り出すとか、ねーよww と言いたい。
雰囲気抜群で、たしかに気になる気になる、という動画だったのだが、
決勝に来てそこで初めて、PV系だったのがわかる、曲のイントロが始まるなんて、
卑怯、狡猾、無茶な作戦……どんな罵倒も物足りない気がするw
Final-8b
作者の頭はオカシイ(ほめ言葉)に違いない。
MSCでの「見せ方」について、新境地を切り開いたのは間違いないが、
後に続けるほど自信に満ちあふれたPは、そんなにいないと思うゾw
(……とか、書いてたら、↓コメントで指摘が。ぐはぁっ><)


■Final-9
Final-9

やーいやーい、ばーかばーかwww
「ドウシテ」これが復活してくるのか。
「オカシイノ」まったくそのとおり。
"もっと長く見たい"と"優勝にふさわしい"がここまでかけ離れる決勝作品も珍しいのではないだろうか。
また、絵の巧さとモノクロ画面の演出力の高さに、ほめるよりむしろ腹立たしくなるのはいったいどういうことなのかw
いろいろと間違っているとは思うが、ある意味「甦るべくして復活した」作品。
もう、そういうことでいいです……。



どの作品もすばらしいところを持っていて、
投票にはずいぶん迷ったけれど、
最後は「勢いよく楽しくなる」という理由で、
Final-6に投票しました。
でも、どれが優勝してもおかしくはないですね。
優勝がFinal-9だったら、とりあえず「ばーかばーかww」と言うと思いますがw
参加した130作品のすべての製作者の皆さん、お疲れさまでした。単品、待ってますヨ。
そして主催・運営のみなさん、もうひと踏ん張りです。がんばってください。
そして、最後はやっぱりこう言って締めたいと思います。

これだから、ニコマスはやめられん!

                                                  (fin.)

テーマ : アイドルマスター
ジャンル : ゲーム

コメント

非公開コメント

No title

6月Pの集いから(ry
はじめまして、こすひなPと申します。
F-6とかは地方予選で見たときと違っていつの間にかネタ作品になってたのが驚きですよね、ええ。
F-9はぎゃ○ずあたりがきてもよかったんじゃないかなぁって思います。

いらっしゃいませ

こすひなP、いらっしゃいませ。初めまして。
よろしくお願いします。

P名補正無しに見られるイベントって、
本当に驚きの連続です。
これだから、ニコm(ry

これからもふと思い出したときにでも
のぞきに来ていただけるとうれしいです。

そして……初コメントありがとうw

こんにちわ

blog解説おめですー。で、一言。

>決勝に進むこと前提に見せる時間帯を切り出すとか、

それはMSC2で前例がありますね。優勝しない限り、真っ黒画面にイントロが流れるだけで終わるという、ぎみっくPの作品です。単品はPタグで探せばサムネですぐにわかります。

前例がないのは、それでも勝ち残った事の方です(^^;)。

いらっしゃいませ2

zeitさん、お越しいただきありがとうございます。

>前例

そうでしたか~。
まだまだ不勉強なのに、知ったかぶりするもんじゃありませんね(大汗
決勝までの投票には、全部入れてきたんです。
理由は「自分がやりたいアイデアとかぶってないか確認したい
という、夢も希望もないものですがw
決勝まで残っていただいたおかげで、ほっとひと安心でした、まる。

よそではあまり見かけないこういったイベントは本当に楽しいです。
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶぶ漬けを食べた人数
プロフィール

もう、ダメ

Author:もう、ダメ




ニコニコ動画で動画を作ってたり。
愚にも付かない文章を書いてたり。
ま、いろいろ。
リンクフリーダムです。むしろ多謝。

ニコ証に登録してみました。


最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
4432位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード