FC2ブログ

人はいつだって、いろいろなものにさよならを言わなければならない

↑ピーター・ビーグルのことば。誰ダヨそいつって思ったあなた、私も知らないからまったく問題ない。

美しく儚いことは、幸せでもあり不幸せでもあり。

(225P)
 
225P作品らしい、相変わらずの美しい映像。
奥行きのある歌に、奥行きのある映像。これが「うまさ」なのだろう。
切なさの中に強さが垣間見える。
この世界のプロデューサーやアイドルはそうやって生きているのだなという納得。
KAB.の前向きなサウンドとボーカルに導かれ、
「My Best Friend」や「思い出をありがとう」の歌詞があたかも物語の必然のように現れる。

レールの上をただなぞる人生が退屈だとかつまらないという人は、
そのレールを自分で敷いていないからだ。
自らの決断は、それがどんな結果に終わろうとも、未来につながっていく。
立ち上がること。
前を向くこと。
自分の足で歩くこと。
その程度の生き方──
それは十分に価値のある人生。
『鋼の錬金術師』ではないが、そんなことを思い出させてくれる作品だった。





(蛇足)
01:18~のあずささんは、もっと長めの静止画を切り出して
スローモーションというより、遅いパラパラアニメみたいでもよかったかなぁ、とか。
01:31~の亜美とやよいの「さよなら」は漆塗りのような「重ね」の演出だったのだろう。
私だったら、やよいを左右反転させて「広げ」の演出にしたかもしれないなぁ、とか。
しかし03:43~の「さよなら」につながるから、今のままがいいのかも……。
テロップは、あずささんと社長のセリフを別フォントにしてほしかった。惜しい。

                                                (fin.)

コメント

非公開コメント

No title

おおこれは。
ご紹介ありがとうございます。
素晴らしい解釈も補完していただいて、もう至れり尽くせりですね。
ご指摘もありがとうございます。
作ってる方は、完成までに何度も何度も見ているために客観性が乏しくなって、かえって気づかないことってありますね。

No title

225Pいらっしゃいませ~。
こんな妄想伏魔殿のような文章に喜んでいただき、恐悦至極。

たしかに作ってるうちに何がいいんだか悪いんだかわからなくなることがあります。
だいたいそういうときは、作品へのイメージが揺らいでいるということなので、
なんか気分転換でもして、イメージをクリアにしないと、
灰汁の煮凝りみたいになって作ってて楽しくなくなってしまいます。
よくできあがった動画に「楽しいは正義」とタグが付くことがありますが、
むしろ製作中の作者にこそ、必要な脳内タグなのかもしれません(^^
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶぶ漬けを食べた人数
プロフィール

もう、ダメ

Author:もう、ダメ




ニコニコ動画で動画を作ってたり。
愚にも付かない文章を書いてたり。
ま、いろいろ。
リンクフリーダムです。むしろ多謝。

ニコ証に登録してみました。


最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5658位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード