FC2ブログ

神は細部に宿る

↑ミース・ファン・デル・ローエのことば。解釈は人それぞれだと思います。
さてさて──

最近、と言っても10月ごろからですが、
いろんなPさんにプッシュしている映画があります。

それは、コチラ。(注:以下ネタバレありな上に、無駄に長文です。)
 
 
 

(クローバーフィールド/HAKAISHA)

この作品は、商業映画としてはあり得ないくらいドラマツルギーというものを無視している。

通常、映画の画面や音楽は「観客に状況を伝える」ことを主眼としている。
それによって、観客の感情移入を促す、という狙いである。

ところが、この映画は全く違う切り口で作られている。
観客には生の状況がゴロリと渡される。状況を伝えるどころではない。
状況に巻きこまれてしまう」わけである。
そして観客は、自分の意志に関係なく、否応も無しに感情を動かされる。
スクリーンのこちら側に観客を連れこんでしまおうというのが製作者の意図なのだろう。
クローバーフィールド/HAKAISHA」を観て「気分が悪くなった」「酔った」というのは、ある意味最高の賛辞である。
それは、その人がまさに「向こう側」を体感した、ということなのだから。

そのために、そのためだけに全てが収斂していく。
冒頭~パーティーのシーンが長くてたるいのは「たるさ」を体感させるため。
かったるいあたりまえの日常が完膚無きまでにたたき壊される、その伏線として退屈なシーンが「退屈なまま」流される。
常に1台のホームビデオカメラ視点なのも「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」などに前例はあるが、
一晩のできごとを凝縮して作品として成り立たせているのは、この作品くらいしか思いつかない。
もちろん私がここ数年あまり映画を見ていないので、知らないだけかもしれないが。

「臨場感以上の体感をさせるために、それ以外の全ての要素を犠牲に」した映画だと思う。
つまり、ひとり(=この映画の主人公)から得られる情報以外はいっさい描かない
削りすぎというくらい削る。これは、勇気と覚悟のいることだ。
ネットなどで、大量の裏動画や設定がアナウンスされているのは、
スクリーンが切り出した風景だけでなく、作品の中の世界をまるごと提示しようという試みだろう。
しかし、そういった情報はスクリーンにほとんどまるで描かれていない。
映画の第二弾製作が決まったらしい、と風の噂に聞いた。
「続編」というより、「別の視点」からの映画になるのだろうな、と思う。
また、私たちが驚くような仕掛けの作品になってほしいものだ。

で。それをMAD製作の方面にムリヤリ持っていくが──
「演出」というものを、私は個人的に「何を削るか」だと捉えている。
「何を加えていくか」という演出論も、もちろんあるし、
それは、カービングとモデリングの違いのようなものであって、どちらかが否定されるようなものではない。
モデリングの方法論で付け加えていくと、私は際限なく加えてしまうタイプの人間なので、削る方向で考えるようにしている。というのが正しいかな……。
いろんな試行錯誤を重ねながら、画面を構成し、映像をはめ込み、エフェクトをかけていく。それは「加えていく」作業だ。
加えるだけ加えて、いったん頭をリセットし、必要なものだけに絞っていく。
これが「削る」段階である。
文章の世界ではこれに「推敲」という便利で簡潔な言葉が与えられている。
見栄えがいいエフェクトなどはついつい残してしまいそうになるが、
重要なのは「必要不可欠」であることで、「不要ではない」程度のものは全部捨てる。
そこに残るものが「作品」と呼ぶべきものになるのではないか……。
覚悟とか潔さとか、いろいろあるけど、
山を登るのに必要なのは、前を見る力と上を向く力なんじゃないか、と。
「削る」演出について、勉強させられた映画でした。
作品の意図からすると、外側の視点から分析する行為がすでに負け組な感じですがw

まあ、ここまで書いてきたことを簡単に実践できるなら誰も苦労しないということも知っているつもり。
自戒の意味をこめて、今回まとめてみた。
まとまっていないという事実は、スルーの方向でお願いします。
(頑張りたいから、頑張るだけ。頑張らなきゃって思ったら負けかなと思います)
                                                 (fin.)

コメント

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぶぶ漬けを食べた人数
プロフィール

もう、ダメ

Author:もう、ダメ




ニコニコ動画で動画を作ってたり。
愚にも付かない文章を書いてたり。
ま、いろいろ。
リンクフリーダムです。むしろ多謝。

ニコ証に登録してみました。


最新記事
最新コメント
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
5901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード